中古パソコンを買うときの注意点を簡単にまとめてみました。

■寿命はもちろん短いです。
中古パソコンの前の持ち主の使い方にもよりますが、当然新品に比べて寿命は短いです!
電池にしてもハードディスクにしても、新品ほど長持ちしない分の「安さ」と思ってください。

■ノートパソコンのバッテリーは0と思った方がいい!
寿命が短いのは当たり前で、短くてもあったらラッキーと思っておけば精神ダメージは少ないです。

もし、持ち歩き用で外で使うからバッテリーがどうしても必要な場合は新品のパソコンがいいでしょう。

■購入後はできるだけ早く動作確認をしましょう!
中古パソコンは保証期間が新品のパソコンより短いです。(下手したら1週間という短さのものも。)

■OSはwindows7がおすすめで使いやすいです。
winXPはサポートが終了しているため、何かが起こった時に困ります。
もしネットを使わないのなら何でもいいとは思いますが。

OS無しというものは避けましょう。
自分でwindowsを入れようなんてしたら、windowsの値段そのものが数万しますので、中古でせっかく安く買う意味がありません。

■メモリは4GBが気持ちよく使えます。
1GBや2GBというメモリのものは確かに安いですが、その処理速度の遅さには頭が狂いそうになります。

■無線LANとwifiがついていると何かと便利です。
今や自宅でも無線LANやwifiが主流になってきました。
自宅で使うだけで、有線で問題ないというのならいいのですが、中古激安パソコンだと無線LANやwifiがついてないことが多いので、必要な方はしっかりチェックしてくださいね。

以上が中古パソコンを買うときの心構えと注意点です!
皆さんの中古パソコン購入選びの参考になれば幸いです。